遊山茶訪について

遊遍名山訪銘茶
〜おいしい茶を求めて名山を巡る〜


遊山茶訪は2002年、台湾の嘉振茶業により立ち上げられた台湾高山茶のブランドです。
風光明媚な台湾南投縣鹿谷に於いて嘉振茶業は50年近く高山茶を専門に作り続けています。

三代に亘って培われた技術と精神性。豊かな知識と経験は植栽・製茶・茶芸のいずれにおいても他の追随を許しません。


三代目陳重嘉の経営下では作付け、製茶から茶畑の管理、有機栽培や残留農薬の測定、品質管理法などの技術を採用。 また、文化としての茶道の推進にも努めています。

はじめて台湾茶を知る人、お茶を愛してやまない人、すべての人に魅力あふれる高山茶の世界を楽しんでいただけることと思います。

【遊山茶訪株式会社】
2007年春、嘉振茶業との長年の信頼関係のもとに遊山茶訪の名を冠し、設立。嘉振茶業の全面的な協力と提携により、日本に於いて遊山茶訪の製品をご紹介できる運びとなりました。


>>嘉振茶業について
>>台湾遊山茶訪HP

遊山茶訪の高山茶

台湾にある世界トップクラスの高山茶生産地


茶葉は豆粒サイズの球状。 お湯の中で葉が開くと、一芯二葉の姿が現れる。 水色は艶のある金黄色で、香り高くて清らかな味。


これは海抜1000m以上の高山茶の特長です。原料となる茶葉は、日光量、水、気温、土壌など高山茶特有の環境条件で育ったものを厳選。 高海抜地は霧により日照時間が少なく、そのため茶葉は各種成分を豊かに含み、まろやかさが生まれるのです。


有機質豊かな土地で栽培された茶葉は手摘みで丁寧に収穫。数々の製茶過程を経て、上品さと香りに持続性のあるお茶が出来上がります。この香りは全てお茶自体のもの。香り付けは一切行っておりません。

また、焙煎は熟練した焙煎師が茶葉の特性に合わせ丹念に行うことで、さらに味わい深い極上のお茶となり、皆様のもとにお届けしています。


>>製茶工程について

商品のご案内

自社の茶畑と工場で植栽から製茶、販売まで一貫して管理、安全で高品質なお茶をご提供しています。 梨山、大禹嶺、翠峰、杉林溪、阿里山、凍頂、高山金萱などの高山茶を中心に、東方美人茶、文山包種茶、紅玉紅茶、桂花烏龍茶 ほかを取り揃えています。

【翡翠シリーズ】
独自の焙煎技術を施し原茶の活性・甘みと香りの粋を集めた究極のシリーズ
【黄金シリーズ】
発酵・焙煎度が低く爽やかで清々しい味と香りの良さが特長の<清香>
古式の炭火焙煎を丹念に行い、芳ばしい香りと濃厚な味をひきだした<炭香>

詳しくはオンラインショップをご覧下さい。
>>遊山茶訪Online Shop
遊山茶訪TOP | ニュース  | オンラインショップ |  台湾茶の楽しみ方 |  お問合せ